吉田カバンの人気は、なぜ続くのか

来年80周年を迎える吉田カバン
まだまだ人気が衰えない秘密は、どこにあるのでしょうか

「一針入魂」
吉田カバンの創業者 吉田吉蔵は
12歳という年齢でカバン職人となり
「使うほどに馴染み、長く愛用していただくカバン」を
モットーにカバン作りにはげみます

婚約前の美智子妃殿下が吉田カバンを愛用されたことが
TVで放送され高い評価を受けたことがわかります

1962年にプライベートブランドのポーターを発表
当時としては、大変珍しいことだったらしいです
次の年には、黒澤明監督の「天国と地獄」に
吉田カバンの皮のブリーフケースが小道具の一つとして登場
その後もどんどんプライベートブランドを出すたびにヒットする商品

「海外生産に手を出すな」という遺言通り
現在でもメイド・イン・ジャパンにこだわっているカバン作り
吉田カバンの自社工場は、なく
厳選した協力工場で職人の手によって作られています

「頑丈」で「壊れにくいさ」に定評がある吉田カバンではありますが
時としてカバンが壊れても使いやすい愛着のある
カバンだけに修理して使う方もいるとか
もちろん、職人さんが修理を請け負います

老舗ブランドではありますが
新しいものを取り入れながら流行に流されずに
頑固さの中にも吉田カバンらしさを出すことによって
みなさんからの支持を得てきたのでしょう
今でも定番アイテムとして自然に溶け込んでいることが
長続きする人気の秘密かもしれません
*歴史的背景などは、「吉田カバン」ホームページより引用

そんな吉田カバンの特集を東急ハンズで開催されています
早くも売り切れや在庫わずかになっているものもあります
やはり人気の高い吉田カバンであることがわかりますよね


東急ハンズ 吉田カバン

<スポンサーリンク>



  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • follow us in feedly

関連記事

コメントは利用できません。

記事を書いている人

自画像
【住んでいるところ】 関西
【生まれたところ】  北海道千歳市
【家族構成】      夫・息子・私
【資格取得】
・珠算実務検定2級
・簿記実務検定2級
・洋裁技術基礎中級
・インテリアコーディネーター
・2級建築士(更新していないので現在は資格なし)

後悔しない働き方をして20数年。いいことばかりじゃなかったけれどその経験には意味がありました。インテリアのこと、食べること、ハンドメイド、おしゃれ、教育、健康、働くこと・・・普通に生活する中で小さな幸せを見つけられたらいいんじゃないのそんな気持ちで書いてます
詳しいプロフィールは、こちらから

    

 ベルメゾンバナー
 フェリシモのバナー

セカンドサイトのお知らせ

遊びと学びの道具は、私が子育てに使った頭がよくなるかもしれない海外・国内知育玩具、ボードゲーム・生活雑貨を紹介しています
シュゲッテルでは、おしゃれでかわいいフェリシモの手芸キット体験を中心に紹介しています

ページ上部へ戻る