• 【美肌・健康】みそまるは、チョコトリュフのような手作り無添加即席お味噌汁の素! はコメントを受け付けていません。

【美肌・健康】みそまるは、チョコトリュフのような手作り無添加即席お味噌汁の素!

おみそ汁ってなぜか食欲がない時でも飲むとホッとし、ご飯が進みます。あ〜でも今日は、作る気になれない!という時でも本格的な味噌汁が飲めるのが「みそまる」。前々から作ってみたいと思って、手作り無添加即席お味噌汁の素のレシピ本「みそまる」を買って作ってみることにしました。「みそまる」考案者の藤本智子さんは、みそガールとしてみその普及啓蒙活動をされ、このレシピ本の監修をされています

みそは、肌にも健康にもいい!

みそまる20
みそガールこと藤本智子さんは、アパレル販売員、読者モデル、ファッション雑貨マネージャーを経て、みその普及活動を行うことになった異色の経歴の持ち主。

なぜ、みそ?なのか。藤本さん自身が肌荒れに悩み、食生活を見直すきっかけになったのがみそだったのですが、自分だけではなく、目の当たりにした不妊症や流産に悩む女性の急増で幼少期からの食生活から見直すことが大事なのではと模索するうちにみその普及啓蒙活動へとつながったというワケです

おみそは、大豆や米、麦を発酵させた食品。昔から「みそを食べると医者いらず」と言われ、美肌や健康面から今、見直されている食品でもあります
◎大豆が発酵することでアミノ酸やビタミンなどが増え、栄養価が高まる
◎みそに含まれるリノール酸がメラミンの合成を抑制することでシミやそばかすを予防してくれます。また、サポニンやメラノイジンは、細胞の酸化を防ぐため老化を防止する働きがあります
◎免疫力がアップされ、様々な現代病から身体を守ってくれる働きがあります

この「みそまる」の元祖は、戦国時代に携帯された「みそ玉」で現代風にかわいくて興味を持ってもらうために「みそまる」とネーミングしたそうですよ

みそまるを作ってみました

みそまる16
みそは、ベースとなるオーソドックスな淡色みそ(2種類)に赤みそや白みそをブレンドして作ります

みそまる1
だしは、昆布(細かくして粉状にする)・削りかつお(フライパンで炒って粉状にする)・いりこ(内臓を取ってフライパンで炒り、粉状にする)を粉末状にして使います

みそまる19
私は、ズボラしてかつおやいりこは、すでに粉状のものを使いました(^^;)

みそまる15
昆布は、細かくしてから電動ミルで粉状にしました
この3つをブレンドして使います。1回作っておくとしばらくありますよ!
インスタントの顆粒だしでもOKなんですが、その時は、みその分量を少なめにしないと塩辛くなります

みそまる17
中の具は、乾燥させたもの(切り干し大根や椎茸など)を使うと日持ちします
私は、ねぎとわかめを使いました。具は、細かくしておきます

みそまる14
淡色みそ、白みそ、ブレンドだし粉、乾燥した具を混ぜます

みそまる11
約3cm大に丸めます

みそまる12
大体10個分作れます

みそまる9
1個ずつラップでくるみます。冷蔵庫なら1週間、冷凍(カチカチに凍りません!)なら1か月は、持つそうです。ただし、生野菜等を入れた時は、早めに食べきること

みそまる7
約160ccの98℃(この温度がみその風味を際立てます)のお湯でみそまるを溶かします

みそまる6
できあがりました♡よく混ぜたと思ったんですが、具がちょっと偏ったようです。この約3cmの大きさが丁度いい味になっているんですよ

みそまる3
レシピに載っていた1個だけ約2cmのみそまるを作って、卵かけごはんの調味料として食べてみました。ちょうどよい塩加減でみその風味が際立ちだしのうまみも加わって美味しかったです♡しょうゆとは、また、違った味が楽しめますよ♪

みそまる5
自宅でぬかみそのきゅうりをつけたので一緒に食べました。たまには、こんなミニマムな食事がとても美味しく感じます!こういう食事で体の調子を整えるのもいいですね〜。家族は、天然だしにしてから汁も全部飲むようになりました。あまりにも便利すぎて10個もあっという間になくなってしまい、只今、赤みそブレンドのみそまるを作り置きしています。面倒なだしを出さずにそのまま食べれるのも栄養が摂れて無駄がないですね。お弁当にも持って行けますよ!

このみそまるのレパートリーは、中華風具材を入れると中華風に洋風具材を入れると洋風にと工夫すればいろんなスープが楽しめます

また、バレンタインのお返しに甘いものが苦手な方なんかには、チョコトリュフのようにトッピングしてラッピングし、トリュフボックスに入れてホワイトデーにプレゼントするのもいいかも♪みそもここまでくるとおしゃれな食べ物ですね。身近なみそを見直すいい機会となりました♡
アマゾン 「みそまる」レシピ本は、こちらから
広告

Digiprove sealCopyright secured by Digiprove © 2016
  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • follow us in feedly

関連記事

コメントは利用できません。

記事を書いている人

自画像
【住んでいるところ】 関西
【生まれたところ】  北海道千歳市
【家族構成】      夫・息子・私
【資格取得】
・珠算実務検定2級
・簿記実務検定2級
・洋裁技術基礎中級
・インテリアコーディネーター
・2級建築士(更新していないので現在は資格なし)

後悔しない働き方をして20数年。いいことばかりじゃなかったけれどその経験には意味がありました。インテリアのこと、食べること、ハンドメイド、おしゃれ、教育、健康、働くこと・・・普通に生活する中で小さな幸せを見つけられたらいいんじゃないのそんな気持ちで書いてます
詳しいプロフィールは、こちらから

    

 ベルメゾンバナー
 フェリシモのバナー

セカンドサイトのお知らせ

遊びと学びの道具は、私が子育てに使った頭がよくなるかもしれない海外・国内知育玩具、ボードゲーム・生活雑貨を紹介しています
シュゲッテルでは、おしゃれでかわいいフェリシモの手芸キット体験を中心に紹介しています

ページ上部へ戻る