TV「林修の今でしょ!講座」認知症・心筋梗塞・肝硬変対策のオイルは、これ!

TV「林修の今でしょ!講座」で名医が選ぶ認知症・心筋梗塞・肝硬変対策のオイルを紹介!
興味深ったのでまとめてみました

認知症対策には、えごま油

えごまは、主に食用として栽培されるシソ科の植物
えごま油は、無味無臭でさらさらとした口当たりで
α-リノレン酸のが含有率は、
ごま油約0.3%・オリーブオイル約0.6%・コーン油約1.4%・
えごま油約60.3%

記憶に関わる脳の神経細胞は、老化やストレスなどで死滅します
認知症対策としては、この脳の神経細胞を減らさないことです
えごま油に入っているα-リノレン酸は、体内でEPA・DHAに変化します
このEPA・DHAは、弱った神経細胞を刺激し死滅を防ぐのに役立ちます
脳の神経細胞は、血流の流れが良いと活発に動きます
α-リノレン酸から体内で変化したEPA・DHAが血流をよくして脳を刺激します

1日のEPA・DHAの目標摂取量は、約2g
EPA・DHAを豊富に含む青魚、たとえばサバだと半身の量になります
えごま油だと大さじ一杯に相当
そして科学的にも即効性があり
えごま油を摂取して30〜1時間で脳に変化が現れたことが実証されています
これは、油は、タンパク質の栄養素より吸収が早いということです

α-リノレン酸は、熱に弱いため出来上がった料理にかけて食べるのがいい
名医おすすめの食べ方は、卵かけごはんや茹で鶏
脳の神経細胞同士のつながりを強めるには、タンパク質といっしょに摂る
あとお味噌汁もおすすめでこれくらいの熱では、えごま油は、劣化しないそうです
大豆に含まれるレシチンは、脳機能の維持と改善に良いとされています

ハーバード公衆衛生大学院のうつ病研究では
リノール酸を抑えてα-リノレン酸を多量摂取するとうつ病のリスクが減少

ただし、油は、酸化しやすい
空気中の酸素や光・熱などによって味だけでなく栄養価まで低下します
なので冷蔵庫保存で早く食べきること
えごま油をアマゾンで探す
     楽天市場で探す
     ヤフーショッピングで探す
     成城石井で探す

心筋梗塞対策には、オリーブオイル

ローマ・エジプト時代から使われている1番古い油 オリーブオイル
血管を詰まらせている悪玉コレステロール
オリーブオイルに入っているオレイン酸は
善玉コレステロールを強化し
血管をきれいにしてしなやかにしてくれます

名医おすすめメニューは、麻婆豆腐
大豆のイソフラボンは、血管の拡張に役立つといわれ
厚生労働省の大規模調査でも心筋梗塞に良いと言われています

ほかにも玉ねぎの入ったサラダとオリーブオイル
玉ねぎの硫化アリル・アリシンでW心筋梗塞対策ができます

キムチにかけて食べるとキムチの乳酸菌が悪玉コレステロールと戦ってくれ
オリーブオイルのオレイン酸が調のぜん動運動を活発にし便通に役立つとされています
*個人により適量が異なります。多量摂取にご注意ください!
整腸に役立つ油としてひまわり油やこめ油もオレイン酸が多く含まれています

オリーブオイルの選び方として賞味期限の長いものを選び2〜3か月で使ってしまうこと
油は、2種類(たとえば、オリーブオイルとえごま油)混ぜて使ってよし!
オリーブオイルをアマゾンで探す
        楽天市場で探す
        ヤフーショッピングで探す
        成城石井で探す

肝硬変対策には、ごま油

クレオパトラも愛用していたごま油には、リグナンという物質が含まれています
リグナンは、肝臓で毒素などを分解した燃えカス活性酸素の攻撃からから肝臓を守ってくれます
飲み過ぎや食べ過ぎると活性酸素が増えすぎて肝臓を攻撃されます

名医のおすすめメニューは、レバニラ炒め
ニラに含まれるビタミンAは、ごま油のリグナンと同じ活性酸素から肝臓を守る働きがあります
そして、ビタミンAは、油に溶ける栄養素なのでごま油と一緒に調理するとよい

ごま油のリグナンは、二日酔いにもよく
二日酔いの原因、アセトアルデヒドを体外に出す働きがあります
二日酔い対策には、ごま油を使った餃子
ごま油は、胃に膜を作りアルコールの吸収を抑える
ごま油の適量は、1g程度
油の種類によってカロリーの違いはほとんどなく
1g約9キロカロリーとのことでした
ごま油をアマゾンで探す
    楽天市場で探す
    ヤフーショッピングで探す
    成城石井で探す

良い睡眠をとるためには、アーモンドオイルがおすすめ
アーモンドオイルには、トリプトファンが含まれています
トリプトファンは、脳内物質のセロトニンに変化し睡眠を促します

名医は、水200cc・黒酢10cc・アーモンドオイル大さじ1を混ぜて飲んでいます

名医のおすすめメニューは、じゃこのアーモンド炒め
カルシウムによる睡眠誘発効果が期待されます(温めた牛乳も同じ効果が期待されます)

美肌には、肌につけることで注目されるかもしれないこめ油がおすすめ
こめ油には、フェルラ酸やビタミンEなどが美肌に良いとされています
シミの原因メラニンを作る酵素を抑えます

栄養面では、紅花油・菜種油がおすすめ
天ぷらに使う油としては、空気に触れる時間が長いため酸化しにくい

最後に先生は、油は、薬ではありません!
大量摂取しないよう気をつけてください!とおっしゃっていました
*油の摂取については、自己責任でお願いします

<スポンサーリンク>





  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • follow us in feedly

関連記事

コメントは利用できません。

記事を書いている人

自画像
【住んでいるところ】 関西
【生まれたところ】  北海道千歳市
【家族構成】      夫・息子・私
【資格取得】
・珠算実務検定2級
・簿記実務検定2級
・洋裁技術基礎中級
・インテリアコーディネーター
・2級建築士(更新していないので現在は資格なし)

後悔しない働き方をして20数年。いいことばかりじゃなかったけれどその経験には意味がありました。インテリアのこと、食べること、ハンドメイド、おしゃれ、教育、健康、働くこと・・・普通に生活する中で小さな幸せを見つけられたらいいんじゃないのそんな気持ちで書いてます
詳しいプロフィールは、こちらから

    

 ベルメゾンバナー
 フェリシモのバナー

セカンドサイトのお知らせ

遊びと学びの道具は、私が子育てに使った頭がよくなるかもしれない海外・国内知育玩具、ボードゲーム・生活雑貨を紹介しています
シュゲッテルでは、おしゃれでかわいいフェリシモの手芸キット体験を中心に紹介しています

ページ上部へ戻る