TV「マツコの知らない世界」七味唐辛子の世界 ナビゲーターは、八幡屋磯五郎九代目

八幡磯五郎 七味唐辛子
善光寺のお土産をいただきました
七味・一味・ゆず七味・粉山椒・BIRD EYE・小辛の小袋入り

TV「マツコの知らない世界」で七味唐辛子の世界を紹介
ナビケーターは、八幡屋磯五郎九代目 室賀 豊さん
八幡屋磯五郎は、創業270年の老舗七味店
江戸時代に長野県善光寺の境内で七味唐辛子を売られたのが始まりで
善光寺の名物とされているようです
2004年に社長に就任された九代目は、七味マニア
ご自宅の食卓には、必ず登場する七味唐辛子
七味唐辛子は、ここ10年で種類が増えそうですよ

七味唐辛子の歴史

発祥は、1625年(江戸時代初期 寛永2年)三代将軍 徳川家光の頃
からしやの徳右衛門が薬研堀(現在の両国橋)で店を開いたのが始まり
漢方薬を参考にして七味唐辛子は、作られたそうです
*薬研とは、漢方薬をすりつぶす道具のこと

七味唐辛子の原料に決まりは、なく
八幡屋磯五郎の七味唐辛子には
唐辛子・胡麻・陳皮・麻の実・紫蘇・生姜・山椒が入っています

日本三大七味唐辛子

やげん堀七味唐辛子本舗
創業389年、浅草橋の門前に店を構えている七味唐辛子発祥の店(東京)
日本で一番古いレシピで
特徴としては、生唐辛子と焙煎唐辛子の2種類が入っていること
辛みが強く、関東の濃口醤油に合います
八幡屋磯五郎九代目のおすすめの食べ方は、どじょう鍋

七味家本舗
創業350年、清水寺の門前に店を構える(京都)
特徴は、山椒と青海苔が入ってること
唐辛子が少なく、関西の薄味料理に合います
八幡屋磯五郎九代目のおすすめの食べ方は、湯豆腐

八幡屋磯五郎
創業270年、善光寺の門前に店を構える(長野)
生姜が入っているのでフレッシュな風味が特徴
生姜は、身体を温めてくれる効果があるので寒い長野に合います
八幡屋磯五郎九代目のおすすめの食べ方は、野沢菜漬

当時、体の不調が直るようにお参りした帰りに
身体によいものを買って帰るのが信仰の形だったので
お寺の門前に店があったということです

〇〇に七味をかけたら美味しいベスト3

3位 ざるそば
七味をつゆに入れると下に沈むので、直接、そばにかけて風味を楽しむ

2位 カレーライス
家庭で食べるカレーの辛さを調節するのに最適だそうです

1位 味噌汁
根曲がり竹とサバ缶の味噌汁に最適
長野では、よく作られる郷土料理だそうです

番外編
ジェラートにかけてマツコDXさん美味しそうに食べていらっしゃいました

一度、お土産でいただいたお試し小袋セット♪
七味・一味・ゆず七味・粉山椒・BIRD EYE・小辛が
それぞれ入っていて新鮮なままの七味唐辛子を味わえました♡
私のお気に入りは、ゆず七味。
ゆずの香りと辛さは、いつものうどんにも贅沢感が味わえます

そして、粉山椒もおすすめです。
焼き鳥や魚のかば焼などにかけると
風味豊かで一段と美味しさが増します

こんなに七味が美味しいものだとは、思いませんでした♪
脇役ながらお料理を一層美味しくしてくれます
ちなみにBIRD EYEは、激辛がお好きな方にお勧めです

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • follow us in feedly

関連記事

コメントは利用できません。

記事を書いている人

自画像
【住んでいるところ】 関西
【生まれたところ】  北海道千歳市
【家族構成】      夫・息子・私
【資格取得】
・珠算実務検定2級
・簿記実務検定2級
・洋裁技術基礎中級
・インテリアコーディネーター
・2級建築士(更新していないので現在は資格なし)

後悔しない働き方をして20数年。いいことばかりじゃなかったけれどその経験には意味がありました。インテリアのこと、食べること、ハンドメイド、おしゃれ、教育、健康、働くこと・・・普通に生活する中で小さな幸せを見つけられたらいいんじゃないのそんな気持ちで書いてます
詳しいプロフィールは、こちらから

    

 ベルメゾンバナー
 フェリシモのバナー

セカンドサイトのお知らせ

遊びと学びの道具は、私が子育てに使った頭がよくなるかもしれない海外・国内知育玩具、ボードゲーム・生活雑貨を紹介しています
シュゲッテルでは、おしゃれでかわいいフェリシモの手芸キット体験を中心に紹介しています

ページ上部へ戻る