LOHACO(ロハコ)でcuoca(クオカ)の手作りチョコ「うさくまクランチポップ」を買って作ってみたよ

バレンタイン・ホワイトデー用にもOKーな手作りチョコcuoca(クオカ)のうさくまクランチポップをLOHACO(ロハコ)で買って作ってみました♪cuoca(クオカ)のホームメイドキットは、簡単に美味しく作れておしゃれなんですよ♪手作りスイーツ初心者さんには、もちろんベテランさんも気軽に楽しめます♡

うさくまクランチポップのセット内容

うさくまチョコ2
・チョコレート(ストロベリー風味)1袋(30g)
・チョコレート(キャラメル風味)1袋(30g)
・コーンフレーク1袋(8g)
・ペンチョコ(チョコ・ホワイト)各1本
・うさぎとくまの型1個
・ペーパースティック10本
・ラッピング材(透明袋、タイ)各10セット
・わかりやすい写真入りレシピ1部

作るにあたって使う道具は、レシピに書いてある道具にプラスしたものがあります。私が使った道具すべては、ボウル・電子レンジOKな小さな器・スプーン・竹串(つまようじでもOK)・お皿・ラップ・キッチンペーパーです
クオカ(cuoca) 10人に配れる ずっとなかよし 2色の「うさくまクランチポップ」

うさくまクランチポップの作り方

うさくまチョコ3
ストロベリー風味チョコとキャラメル風味チョコの作り方を同時進行していますが、型が1個しかないので別々で作ってくださいね♪
①電子レンジOKの小さな器にストロベリー風味のチョコレートを入れ、ラップをせずにレンジで600W約1分30秒〜2分で溶かします。キャラメル風味のチョコは、湯せんで溶かしてみました。50℃ぐらいの湯せんで溶かすとなっていますが、真冬となると熱がすぐに逃げてしまうので、もっと温度が高くないとチョコレートは溶けません!チョコの味が変わるかもしれませんが、沸騰したお湯でやっと溶けました*やけどに注意してください!
②チョコレートが溶けたらコーンフレークを半量ずつ入れ混ぜます。
③スプーンを使って型に流します。この時、チョコレートは、8分目ぐらい入れて、ペーパースティックをセットし、再びチョコを入れてペーパースティックはさみ込みます。そして、つまようじでチョコをならして型に密着させます。実は、ココで私、ならしができていなくて、キャラメル風味の顔が部分的にガタガタになってしまいペンチョコのチョコで少し修正することにしました。型にペンチョコのチョコを修正部分に流して、もう一度、チョコレートスティックを型に戻し冷やし固めました(^^;)すると、結構、かわいい感じにブチになってよい出来栄えになりました(怪我の功名です♡)
④冷蔵庫で約30〜40分冷やし固めます
うさくまチョコ4
⑤型からチョコを取り出します。ひっくり返すだけで簡単に取れます。取れない時は、つまようじでチョコの端を少し突いてあげるとはずれます
うさくまチョコ6
⑥ペンチョコで顔のパーツを書いていきます。すぐにチョコが固まってくるので湯せんで溶かしながら書いていきます。やけどに気をつけながらキッチンペーパーで水分を拭き取ります。もし失敗してもチョコが固まるとつまようじで突けば取れるので何度もチャレンジできますよ!納得の顔を書いてください♡
うさくまチョコ12
キャラメル風味のブチ部分どうですか(笑)結構いい感じでしょ♡
うさくまチョコ14

うさくまチョコ10
1つ1つラッピングしていきます♪
うさくまチョコ9

LOHACO(ロハコ)でcuoca(クオカ)を購入しました

うさくまチョコ1
ロハコには、クオカの専門ショップが入っています。だから、ロハコでついで買いができ1,900円以上で送料無料になります。売れ筋商品が主に売られているのでロハコにないものがほしい場合は、クオカショップ 楽天市場店
から購入してください。8,000円以上購入で送料無料です。クオカショップで口コミをみると男性も意外に多くてちょっとびっくり!やはりスイーツ男子が増えているのかな♪では、手作りスイーツ楽しんでみてくださーい♡
クオカ(cuoca) 10人に配れる ずっとなかよし 2色の「うさくまクランチポップ」

広告

Digiprove sealCopyright secured by Digiprove © 2016
  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • follow us in feedly

関連記事

コメントは利用できません。

記事を書いている人

自画像
【住んでいるところ】 関西
【生まれたところ】  北海道千歳市
【家族構成】      夫・息子・私
【資格取得】
・珠算実務検定2級
・簿記実務検定2級
・洋裁技術基礎中級
・インテリアコーディネーター
・2級建築士(更新していないので現在は資格なし)

後悔しない働き方をして20数年。いいことばかりじゃなかったけれどその経験には意味がありました。インテリアのこと、食べること、ハンドメイド、おしゃれ、教育、健康、働くこと・・・普通に生活する中で小さな幸せを見つけられたらいいんじゃないのそんな気持ちで書いてます
詳しいプロフィールは、こちらから

    

 ベルメゾンバナー
 フェリシモのバナー

セカンドサイトのお知らせ

遊びと学びの道具は、私が子育てに使った頭がよくなるかもしれない海外・国内知育玩具、ボードゲーム・生活雑貨を紹介しています
シュゲッテルでは、おしゃれでかわいいフェリシモの手芸キット体験を中心に紹介しています

ページ上部へ戻る